千葉県の動物愛護団体

千葉県を中心に活動している動物愛護団体を紹介します。「犬と猫のためのライフボート」という団体を聞いたことがありますでしょうか? 犬と猫のためのライフボートはアニマルシェルターを千葉県の柏郊外に持ち、年間1,000頭以上の里親募集活動を行っていることで知られています。また、募集活動だけではなく、先天性の疾患や身体的な障害を持った犬と猫の終生飼育も行っているようです。病気や障害を持った動物の譲渡が難しいのは想像しやすいと思います。犬と猫のライフボートでは、そういった犬や猫たちを見捨てることなく、飼育を行っているのですね。シェルターには動物病院も付属していることもあり、犬や猫たちにとっても安心して暮らしていけるのではないでしょうか?

犬と猫のライフボートは千葉県の動物愛護団体ですが、岐阜や山梨といった地方からも動物たちを引き取っているということです。では、どうして他県の犬や猫たちも受け入れているのでしょうか? 犬と猫のライフボートが参加している自治体はどれも殺処分問題に対して真剣に取り組んでいることが理由のようです。殺処分を無くしたいと努力をしている自治体のサポートをするために、他県の犬や猫も受け入れているようですね。

犬と猫のライフボートのアニマルシェルターとは、どういったものか見ていきましょう。
アニマルシェルターは主に犬のための施設と、猫のための施設に分けられています。面会するための棟をはじめ、保護したばかりの犬猫を隔離するための棟などがそれぞれあるようです。猫と触れ合えたり、ドッグランできたりする場所もあり、里親を考えている人は一度訪れてみるのもいいかもしれませんね。先述した、犬や猫を終生飼育できる場所もあります。アニマルシェルターには、病気や寿命で亡くなってしまった犬や猫を弔うためのお墓もあり、生涯に渡って支えてくれるシェルターだといえるかもしれません。

また、犬と猫のライフボートのホームページには、赤ちゃん猫の育て方や、犬の飼育としつけの基本といったコンテンツもあります。実際に犬や猫を飼ってみて困ったことや、捨て犬や捨て猫を保護したときに参考にしてみるといいかもしれません。

今回は千葉県の動物愛護団体「犬と猫のライフボート」をご紹介しました。犬や猫を終生育てることができる施設があったり、他県からも犬や猫を引き取っていたりするなど、ライフボートという名前にふさわしい活動をしているといっていいのではないでしょうか?